ギア

純正

キタコ


純正
YAMAHA純正:’98JOG-ZR用ファイナルギア一式 個人売買で1万弱 ’99JOG Z-II(5EM2)に使用

初心者が作業する場合、取り付けは簡単だと思いますか?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいい
このパーツの満足度は?=80%

インプレパーツに影響する他の改造点は?
POSH CDI, ZEROハイプリSV, デイトナターボフィルター,
強化ベルト,KYB(たぶん(^^; )のリアショック, NGK VXプラグ

キャブセッティングを=していない
MJ=72
WRセッティングを=していない
6gを6個

低回転パワーは取りつけ前と比べて=悪い
中回転パワーは取りつけ前と比べて=良い
高回転パワーは取りつけ前と比べて=良い
パワーバンドは30〜80
最高速度=80以下

[インプレ]
98,99年のJOG Z-IIは最終減速比が3.454と低く、どんなに
がんばっても最高速が伸びてくれないので3.000のZR用ファイナルギア
を入れてみました。クラッチと後輪の間にある3つのギアです。
キタコのハイギアと迷ったのですが、3つともギアの歯数を変えた方が
バランスがとれるだろうという根拠のない考えと値段で決めました(^^;
一応こっちの方がハイギアードです。

取り付けは後輪を外さなければならないので困難を極めるかと思いましたが
以外と簡単でした。後輪は22mメガネレンチをはめて、リアブレーキを
握りながらメガネに足で体重をかけると結構簡単に外れました。
古い車両では固着して外れないこともあるようなので、その時はバイク屋か
ガソリンスタンドでインパクトレンチで外してもらいましょう。

ドライブアクスルが後輪とつながっているので苦労するかと思いましたが、
何のことはない、元のを外して新しいのを差し込むだけでした。
3つのギアの中で一番楽勝でした(^^;
唯一手こずったのはプライマリドライブギアで、ベアリングが外れたはいいが、
カバー側に入らなくなってしまい、垂直に入れるのが大変でした。
全体に難しい作業とは思いませんでしたが、ひとつ注意するのは、
後輪は外すのは一人でできますが、締めるときは助手が要るということです。
いじりたい人は気をつけてね。

無事組み上げて、馴らし開始。当初100kmは走るつもりでしたが面倒に
なって(笑)簡易ならしに変更。30km程度走ってそろそろ全開。

感想は・・・出足が悪い。前が良すぎたせいもあるが、かなり出足が
悪くなった。まあ、それでもノーマル並だけど。
アクセルを開き直したときも以前の力強さがない。
その代わり、30kくらいから速い。速い!
一週間乗ってなかったからか恐い!
急にレスポンスも鋭くなる。
前の仕様では、がんばって最高速70kだったのが、一気に加速して75k。
がんばれば80k出るようになりました。
・・・でもこの辺が限界みたいですね。計算上は85k出せる予定だったの
ですが。思ったより最高速が伸びてない。

これで駆動系はZRとほぼ同等になったはずなんですがどうも最高速負け
してますね?ハイプリ入ったらZRは85kくらい出ると聞きました。
やっぱりキャブやエンジン本体の差でしょうか?
これでリミッターカットだけのZRと互角だったらかなりくやしいなー。
近所にはZRはほとんど生息してないのでどのくらい速いかよく知りません。

とりあえず80k近くでちょっと長く走るとマフラーから白煙がでるので
MJもうちょっと上げてみようと思います。
出足が悪くなったのはクラッチ小スプリングを強化したら全然OKになりました。
満足度80%なのは思ったほど最高速がでなかったからで、それ以外は
まったく不満はないです。ドライブアクスルさえZR用に変えればキタコ製
ZRハイギア、スーパーハイギアも組めるはずなので、ボアアップできる人は
更に期待できます。


最後になりましたが、くわまんさん、ひでひで@JOG−Cさんには
いろいろとアドバイスいただきました。おかげで無事交換できました。
どうもありがとうございました!

ぴっぴ


ヤマハ純正:JOG-ZRファイナルギア(3.000) 友達と一時的に交換 JOG7.2PS(5BM2)に使用

初心者が作業する場合、取り付けは簡単だと思いますか?=初心者でもじっくりやれば大丈夫
このパーツの満足度は?=80%

インプレパーツに影響する他の改造点は?
デイトナのターボフィルターと強化ベルト。ポッシュCDI。マフラー焼き。リードバルブ張り取り。

キャブセッティングは?=していない
MJ=70
WRセッティングは?=していない
低回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと悪い
中回転パワーは取りつけ前と比べて=かなり良い
高回転パワーは取りつけ前と比べて=かなり良い
パワーバンドは50〜80
最高速度は?=100km以下
最高速度確認方法は?=スピードメーター交換により最高速度でも目盛りがある

[インプレ]
純正は確か3.454でした。出だしが悪くなると思っていたけれど、気になるほどではありませんでした。ギアを変えたことによる変化は、70kmからでも伸びていくところです。そのまま、80kmまで行き90kmに達したところで怖くなりやめました。まだまだいけると思いますが・・・・。

JOG-GT


YAMAHA:JOG3RY純正ギヤ− オークションで5000円で購入 JOG next zone(モンキーフレームに積載)に使用

初心者が作業する場合、取り付けは簡単だと思いますか?=初心者でも簡単
このパーツの満足度は?=80%
取り付けマニュアルは付いていましたか?=付いていなかった
セッティングマニュアルは付いていましたか?=付いていなかった

インプレパーツに影響する他の改造点は?
WRの変更→軽くする。武川68cckit ミクニ18φキャブ カーボンリードバルブ キタコ軽量クラッチ&プーリー、ドライブフェイス、ランププレート 車体(MONKEYのフレーム)軽量化 ノーマルマフラー

キャブセッティングは?=していない
WRセッティングは?=した
WRは5.0を3つ4.5を3つ
低回転パワーは取りつけ前と比べて=かなり良い
中回転パワーは取りつけ前と比べて=良い
高回転パワーは取りつけ前と比べて=まったく駄目

パワーバンドは0〜60
最高速度は?=80以下
最高速度確認方法は?=車やバイクに併走してもらった
音質は取りつけ前と比べて=変化無し
音量は取りつけ前と比べて=変化無し

[インプレ]
3RYのギヤ−ですがローギヤなので0発信が楽しいです。最低3回〜6回はフロントが浮いて楽しいです。ってか浮きっぱなしです。初期の3kj(メットイン)純正ギヤ−の方がもうちょっとローギヤ−なので、もっと加速あるみたいです。ビーノのギヤ−も3RYと一緒でした。セカンドギヤ−、ファイナルギヤ−は一式で交換しないと、入らないかナメますよ。

ANDY氏


YAMAHA純正:JOG-Z(3RY)用ファイナルギア ネットオークションで千円 3KJ JOGに使用

取り付けは難しいですか?=初心者でもじっくりやれば大丈夫
このパーツの満足度は?=100%

取り付けマニュアルは付いていましたか?=付いていなかった
セッティングマニュアルは付いていましたか?=付いていなかった

インプレパーツに影響する改造点は?=武川ボアアップ68CC
KEIHIN PE20キャブ

キャブセッティングは?=していない
WRセッティングは?=していない

低回転パワーは取りつけ前と比べて=変化無し
中回転パワーは取りつけ前と比べて=変化無し
高回転パワーは取りつけ前と比べて=変化無し

そのパーツを付けたことにより回転に谷は発生しましたか?=無い
最高速度は?=70
最高速度確認方法は?=純正メーターオーバーだが針の位置で推測

音質は取りつけ前と比べて=変化無し
音量は取りつけ前と比べて=変化無し

[インプレ]
ほんの少しハイギアなので、ノーマルエンジンでも使えそうです。

アルフ


ヤマハ純正:3KJ用ギア 行きつけのバイク屋さんでタダで貰いました 92年式JOG−ZSに使用

このパーツの満足度は?=90%
取り付けは?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいいと思う

インプレパーツに影響する改造点は?
アクシス50用プーリー、ボス(ワッシャ含む)、Wローラー、
4JPベルト、3GFクラッチ、ZR用センタースプリング、
前後タイヤ(ホンダDioバハ用ブロックタイヤ)

キャブセッティングは?=していない
MJ=70
SJ=46
ニードルクリップ位置は=上から3段目
WRセッティングは?=した
WRは=6.45gを6個

低回転パワーは=かなり良い
中回転パワーは=ちょっと良い
高回転パワーは=変化無し
そのパーツを付けたことにより回転に谷は発生しましたか?=無い

最高速度は?=ローギア化で50km
確認方法は?=純正メーター範囲内

音質は=変化無し
音量は=変化無し

[インプレ]
ドノーマルのJOG−Zsを遊び用にオフロード仕様(専用)にしようと思い
以前乗っていたDioバハのタイヤがあったので履き返させて、それに合わせて
駆動系をワイドレシオ化の意味でアクシス50用を使いました。
このままでもスタートからウイリーするほどの低中速域を確保できたのですが
いざ悪路で走らせると登りなどでもう一つ粘りが無い様でしたので
ファイナルギア一式を3KJ用に付け替えしたらさらなる低速域が強力になり
(2次減速比を3.000から3.454に変更)悪路では楽しく走れてます。
ただ案の定、最高速は極端に低下しましたが別に気にしません。

JOGZ−乗り




キタコ
キタコ:JOG90/AXIS90用ハイギヤ ネットで10800円 スーパーJOG−Z(アクシス90エンジン)に使用

取り付けは難しいですか?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいいと思う
このパーツの満足度は?=0%

取り付けマニュアルは付いていましたか?=付いていた
セッティングマニュアルは付いていましたか?=付いていなかった

インプレパーツに影響する改造点は?
ヘッド面研・ポート加工・デイトナプーリー加工・亀ベルト・強化クラッチスプリング・デイトナスーパーブラックチャンバー加工

キャブセッティングは?=していない
MJ=76
SJ=42
ニードルクリップ位置は=上から2段目
WRセッティングは?=していない
WRは5.5×3、5×3

低回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと悪い
中回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと悪い
高回転パワーは取りつけ前と比べて=変化無し
パワーバンドは6000回転〜8000回転まで
最高回転数は?(実走にて)=8000回転
そのパーツを付けたことにより回転に谷は発生しましたか?=無い

最高速度は?=95km
最高速度確認方法は?=スピードメーター交換により最高速度でも目盛りがある

音質は取りつけ前と比べて=変化無し
音量は取りつけ前と比べて=変化無し

[インプレ]
出だし、中速は若干かったるくなりました。と、言うよりノーマルに近づいたって感じです。最高速は、以前と変化が無くがっかりしました。MAX回転数は変わらないのですが、どういう訳か伸びません。
50ccにハイギヤを組んでパワー不足を感じたのと同じでした。
今度は、初期型3WFのギヤを入れてみたいと思います。

ジョグシス


キタコ:ハイギアーキット 10800円 アプリオ4JP7改に使用 06年9月掲載

このパーツの満足度は?=100%

取り付けは?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいいと思う
取り付けマニュアルは?=付いていた
セッティングマニュアルは?=付いていた

インプレパーツに影響する改造点は?
KN企画67ccボアキット
横綱プーリーキット
キタコ強化クラッチ・強化ベルト
エンジン工房チャンバー
JOG ZR用クーリングファン
他、多数。

キャブセッティングは?=した
MJ=85
ニードルクリップ位置は=上から2段目
WRセッティングは?=した
WRは=5.5GX3 4.5GX3

パワーバンドは=5000回転〜8500回転まで
パワーバンドは=20Km/h〜100Km/h
最高速度時点での回転数は?=9000回転
そのパーツを付けたことにより回転に谷は発生しましたか?=無い

最高速度は?=よえ
確認方法は?=スピードメーター交換により最高速度でも目盛りがある

音質は=変化無し
音量は=変化無し

[ポン付けでのインプレ]
ここで紹介されてるような不満はありませんでした、ってかキャブセッティング、WRセッティングはある程度してたんで…。

[インプレ]
早速慣らしを50K程しました。
本日いつものコースで最高速アタックを慣行、下りで よえK程出て、平坦道で よわK程出ました。
皆がよく言う出足は気にならない程度ですよ、ボアしたらハイギアもしくはタイヤ径を大きくすることをお薦めします!!

いいちこオヤジ


キタコ:ハイギアKIT 99年式JOG/5EM2/7.2PSモデルに使用

初心者が作業する場合、取り付けは簡単だと思いますか?=初心者でもじっくりやれば大丈夫
このパーツの満足度は?=70%
取り付けマニュアルは付いていましたか?=付いていた

インプレパーツに影響する他の改造点は?
POSHスーパーバトルCDI・DAYTONAターボフィルター
DAYTONA強化ベルト・DAYTONA耐熱センタースプリング/3%UP
DENSO/IWF24・DAYTONAミドルウエイトクラッチ

最高速度=90以下

[インプレ]
他の方のインプレを参考にさせて頂き、純正流用か社外品にするか迷いましたが部品番号が
不明だったのでキタコ製ハイギアを選択。都合よくショップに在庫があったのですぐに入手
できました。

早速取り付けと行きたい所ですが、ハイギアは交換時に用意するものがあります。
まずはオイルシールとサークリップです。この二つは再利用できません。厳密にはうまく外せば
再利用可能ですが普通は交換します。トラブル時にバラす事も考えて2SET注文しておくと良い
でしょう。またキタコのハイギアキットにもガスケットが添付されてますが、ついでにこれも
スペアを持っていると便利です。下記が純正部品番号です。

ガスケット.クランクケースカバー2    4FB-15461-00   340円
サークリップ               99009-17400   90円
オイルシール               93102-17342   180円
(価格は2001/4月時点のものです)

交換手順です。
まずはギアオイルを抜き、ギアボックスを剥き出しにします。プーリー等の駆動系は外しておい
た方が良いです。ギアケースから漏れたオイルがつくと危険ですので。ケースが剥き出しになっ
たらネジを外してケースカバーを抜きます。外す時にケースに残ったオイルが漏れるのでウェスで
受けを作ってから外します。ギアケースのガスケットは綺麗にスクレイパでリムーブします。

まずはアクスルギアを交換します。ワッシャを元通りにはめてOKです。
次にギアケース側のドライブギアを外します。表面のオイルシールをリムーバーで外すとサークリップ
が見えますのでこれも外します。両方とも特殊工具があると便利です。

オイルシールは4輪の配線を引き回す工具が便利です。(先端が尖っているフック上の工具)無ければ
キリでもできます。サークリップはリングプライヤーで外します。この時工具の先端が逆テーパー状
のものを選ばないと工具があっても外すのが疲れます。よく選ばないとだめです。

クリップを外すとゴトンとアクスルギアが抜けるのでハイギアと交換します。
何故かキタコ製ハイギアはケース側のベアリングとのクリアランスがタイトなので仮組み時に回転させ
ると重く感じます。が、多分仕様だと思われるので大丈夫でしょう。後は元通りに組みなおすだけです。

ここで注意点としてオイルシールは入れすぎないようにしないといけません。
ズブズブ押すとめり込んでしまって外すしか方法が無くなります。外す際にテンションをかけてしまった
シールは再利用不可です。諦めて新品に入れ直すしかありません。
ゆっくりと元の状態の位置まで水平に入れていけばOKです。

とりあえず慣らしで100キロ程低速で走行、その後分解してオイルシール&ガスケット周りを
確認します。自信があっても万が一の事もありますからオイル漏れの確認はした方が良さそうです。
(オイルシールを再利用した場合はよくここからオイルが滲んできます)

オイルを入れ替え早速通常走行です。
ハイギア導入前のフィーリングをまったりとした感じで更に良く伸びるようになりました。全開時に平地
で80キロちょっと、緩い下りなら更に伸びます。また加速感ですが、多少悪くなったかな?と言う程度で
あまり変化が感じられません。40キロ〜55キロの間が多少もたつく感じがありますが根本的なパワー不足な
気がします。

低速時の変化ですが多少悪くなります。ノーマルエンジンではエンジンパワーが余り無いのでウエイトローラー
でセッティングを出そうとすると結構ハマります。0キロ〜50キロまでをまともにすると最高速が70キロ止まり
になり、50キロ以上をまともにすると低中速がどうにもならなくなったりします。この辺りは組み合わせる
プーリーを選ぶ事である程度回避出来そうです。しかし根本的に解決するには排気量を上げるしか無さそうです。

総合的に言えば最高速が伸びるのは確実なので「とにかく伸びが!」と言う人にはお勧めのチューニングですね。
低中速をどう出すかが難しいんですが・・・。諦めが肝心かも。

またハイギアは手順さえ解れば比較的簡単な改造なので今回は手順を詳しく書いてみました。
是非参考にしてください。

SON-Z


キタコ:ハイギア 12000円 00年式JOG(5EM3・SA12J)に使用

初心者が作業する場合、取り付けは簡単だと思いますか?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいい
このパーツの満足度は?=80%
取り付けマニュアルは付いていましたか?=付いていた

インプレパーツに影響する他の改造点は?
CP63ccキット、ポッシュCDI、ポッシュプーリー、カメファク強化ベルト、
デイトナターボフィルター、CP120メーター、スプリットファイヤープラグ

低回転パワーは取りつけ前と比べて=変化無し
中回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと良い
高回転パワーは取りつけ前と比べて=良い
最高速度=100以下

[インプレ]
基本的に、各年式JOGのトランスミッションは2タイプあるみたいです。
00年式JOG及び00年式ZRには、キタコの製品番号で末尾が43000のやつが
適合します。44000ではメインアクスルギアの口径が違い、合いませんでした。

取付には特殊工具がいります。まず、クラッチのアウターが外せないと出来ませんよね。
で、ギアボックスのオイルを抜き、ギアボックスカバーを外し、ガスケットを取り除くのですが、
大概の場合ガスケットが固着していて剥がすのに一苦労します。
それから、ギアボックスカバーにプライマリドライブギアが組み込んであるので
それを抜くのですが、手では抜けません。自分はプラハンマーにウエスを被せて
叩いて抜きました。その前に、ギアボックスカバーにベアリングの押さえがあるので
忘れずに外してください。(+ネジです)
で、ドライブギアからベアリングを外すのですが、サークリップ(Cリング)が
取り付けてあるためそのままでは抜けません。Cリングを外す特殊工具が必要です。
千枚通しの様な物が2本あれば外せないことはないでしょうが、傷を付けそうで
避けました。ちなみにCリングを外すプライヤーはホームセンターで1600円で売ってましたよ。
組み付けはやはりプラハンマー攻撃しました。そんなに思い切り叩く必要はないと思います。

長くなりましたが、インプレです。
取付前は平地で最高速85だったのが92くらいまで伸びました。
下り坂では100まで行きます。0発進もさほど悪くなってないです。
(タイムを計ってないので正確には判りませんが)
63cc+ハイギアがあればスポマフやチャンバーはいらないかもしれません。
外見は完全にドノーマルだし、焼き付きのリスクも少ないのでは、と思います。
ちゃんと二種登録して走れる人の話ですが、、、
ただ、コンマ1tに手が届こうかという重さの自分が乗ってこの速さですから、
なかなかの物だと思いますよ。

くわまん kuwa-man@square.millto.net
http://www.pipi.net/kuwa-man


キタコ:ハイギヤ 12000円で購入(ナップス練馬店) 94年式スーパーJOGZ改97ZRエンジン仕様に使用

このパーツの満足度は?=100%

取り付けは?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいいと思う
取り付けマニュアルは?=付いていた
セッティングマニュアルは?=付いていなかった

インプレパーツに影響する改造点は?
ZRエンジン、ハーネス、POSHデジタルスーパーバトル、ZRエアクリーナー、デイトナスーパーDRAGボアアップ(ポート加工)、 REカーボンリード、ノーマルクリーナー対応ビックキャブ、スーパーハイスピードプーリー、ミドルウエイトクラッチ、10%センタースプリング、カメファクベルト、3WFマフラー

キャブセッティングは?=していない
WRセッティングは?=していない
WRは=6g×6

低回転パワーは=良い
中回転パワーは=良い
高回転パワーは=かなり良い

パワーバンドは=7000回転〜9000回転まで
パワーバンドは=0Km/h〜90Km/h
最高回転数は?(実走にて)=9000回転
そのパーツを付けたことにより回転に谷は発生しましたか?=無い

最高速度は?=93km/h
確認方法は?=スピードメーター交換により最高速度でも目盛りがある

音質は=変化無し
音量は=変化無し

[ポン付けでのインプレ]
ハイギヤを組み込む前にキャブ&駆動系のセッティングを煮詰めていたので、組み込んだだけでほぼベストセッティングだった。

[インプレ]
ボアアップ&ポート加工&ビッグキャブでパワーにかなり余裕が出来たので、思い切ってハイギヤを組み込みました。まずは取り付け方法とポイントを説明します。
交換前に私が準備したものは以下の通りです。

純正のオイルシール   (品番:93102−17342)
ドライブギヤベアリング (品番:93306−00302)
ガスケット       (品番:4FBー15461ー00)
サークリップ      (品番:99009ー17400) 
ギヤオイル       (ヤマハ純正)
スナップリングプライヤー(サークリップ脱着用工具)

キタコのハイギヤにはギヤケース用のガスケットが1枚付属していますが、予備で純正を1枚用意しておくと良いでしょう。

 まずはクランクケースカバーを外し、クラッチASSY、ベルトを外します。プーリーも外した方がオイル付着などのトラブル防止になります。クランクケース下のドレンボルトを外し、オイルを抜きます。+ドライバーでギヤケースを外します。尚ネジには長短がありますので、外した場所も覚えておきます。ほとんどの場合、カバーが固着していますのでドライバーなどでこじりながら外します。この際残っているオイルが流れ出ますので、ウエス等で受けを作っておきます。ギヤケースはドライブギヤが組み込まれたまま外れます。ガスケットはスクレイパー等を使用して取り除きます。
 始めにメインアクスルギヤを交換します。ここで注意点です。メインアクスルギヤにはワッシャーが2枚組み込まれていますが、1枚目は比較的厚みのあるワッシャーなのですぐ分かるのですが、もう一枚(正式名称はコニカルスプリング)はかなり薄い物でほとんどの場合、アクスルギヤに張り付いており、よく見ないと見落としてしまいます。ギヤ自体は簡単に外れますので、キットのメインアクスルギヤと交換し、ワッシャーを元通り組みます。
 次にドライブギヤの交換ですが、ベアリングを介してケースにがっちりと組み込まれていますので、簡単には抜けません。私はゴムハンマーで叩いて抜きました。
ドライブギヤはベアリング&サークリップが付いた状態で抜けます。キットのドライブギヤに新品のベアリング、サークリップを組みます。ギヤケース側にオイルシールが残りますので新品と交換します。
 ここからが問題です。抜くときも大変でしたが、入れる方がもっと大変です。本来ベアリングは圧入という方法で均等に力を加えながら入れないといけない物ですが素人には難しいことです。私は穴の開いたブロックにウエスを引き、穴にドライブギヤを落とし込み、上からゴムハンマーで叩きました。この際、斜めになってしまうと絶対に入っていかないので周囲にギヤオイルを塗布し、垂直に修正しながら注意深く叩きます。ある程度入っていくと、最後の一発ですぱっと収まります。
 ギヤが入ったらスムーズに回転する事を確認し、ベアリング押さえ用のワッシャー&ネジを忘れずに取り付け、取り外しと逆の手順でギヤケースを組み込みます。あとはクラッチ周りを組み込み、最後にギヤオイルを110ccほど注入して終了です。組み込んで暫くは慣らし運転を行った方が良いでしょう。
 長くなりましたがインプレです。元々パワーがあったからか、出足も殆ど変化ありません。強いて言うと1速が1,5速発進になった感じです。ただ今までの方がクラッチミート時の駆動系への負担が大きかったので、このくらいの方が駆動系にも優しく、乗り味もスムーズな感じがします。中間加速も悪くなったとう感じはなく、とてもスムーズです。問題の最高速ですが、以外にも平地ではノーマルギヤ+2km/h程度のアップに留まりました。ただピークレブはノーマルギヤの時9500rpmだったのが9200rpmになりました。やはりノーマルマフラーではハイギヤの領域まで持っていくのは難しいようです。ただ下りでは100km/hうゆうに超え、110km/h近くに達しました。これでユーロチャンバーを投入すれば平地での100km/hオーバーも確実かと思いますが通勤快速としてはこれで十分でしょう。
 結論ですが、ハイギヤを組んだことで下から上までスムーズかつパワフルに加速し、駆動系&エンジンへの負担が軽減されました。平地での最高速は思ったほど伸びませんでしたが、下りではかなり伸びるようになったので、全体としては合格だと思います。エンジン本体に十分パワーがある方には良い選択だと思います。

JOG最高


キタコ:ハイギアー NAP'S足立店にて10800円 JOGZ-2に使用

取り付けは難しいですか?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいいと思う
このパーツの満足度は?=80%

取り付けマニュアルは付いていましたか?=付いていた
セッティングマニュアルは付いていましたか?=付いていなかった

インプレパーツに影響する改造点は?
カメファク:プーリー、ベルト、強化クラッチ、センスプ、CDI
武川68ccヘッド付き排気ポート鏡面研磨
給排気ノーマル

キャブセッティングは?=した
MJ=76
ニードルクリップ位置は=変えたけど段数忘れた

WRセッティングは?=した
WRは6gを3個、5.5gを3個

低回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと悪い
中回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと悪い
高回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと悪い
パワーバンドは0〜80

そのパーツを付けたことにより回転に谷は発生しましたか?=無い
最高速度は?=100手前
最高速度確認方法は?=スピードメーター交換により最高速度でも目盛りがある

音質は取りつけ前と比べて=変化無し
音量は取りつけ前と比べて=変化無し

[インプレ]
ノーマルギアだと伸びがいまいちだったので、ハイギアーを購入しました。サービスマニュアルと専用工具があれば自分でできますが、不安な人はショップに頼んだほうがいいです。
取り付けた感想は、やはり加速が少し落ちました。ですが、ノーマルギアで85位だった最高速が95,6位になりました。見た目どノーマルでここまでいけます。V100のノーマル車とかなら普通に追い越せます。ボアアップしたならハイギアー
はかなりお勧めです。

都立高校生


キタコ:スーパーハイギャーキット 南海部品通販 12600円 送料込み 1996年式 アプリオタイプII(7.2ps)に使用

初心者が作業する場合、取り付けは簡単だと思いますか?=初心者はショップや経験者に頼んだ方がいい
JMCA製品ですか?=JMCA製品ではない
このパーツの満足度は?=70%
取り付けマニュアルは付いていましたか?=付いていた
セッティングマニュアルは付いていましたか?=付いていなかった

インプレパーツに影響する他の改造点は?
デイトナ製
・68ccボアップ・ハイスピードプーリー・強化クラッチ・強化Vベルト
・軽量クーリングファン・パワースパーク・センタースプリング(青)スーパーランプレート・ターボフィルター・パワーアドバンスフルデジタルCDI WR4g×3個 3.5g×3個
その他
メインジェット87番・デンソーイリジウムプラグ・ヤマハスパーRSオイル・マフラーノーマル 黄色ナンバー取得

キャブセッティングを=していない
WRセッティングを=した
4gを6個
低回転パワーは取りつけ前と比べて=ちょっと悪い
中回転パワーは取りつけ前と比べて=良い
高回転パワーは取りつけ前と比べて=良い
最高速度=110以下
音質は取りつけ前と比べて=変化無し
音量は取りつけ前と比べて=変化無し

[インプレ]
ハイギャーかスーパーハイギャーかで悩みましたが、最高速に期待してスーパーハイギャーにしました。
組み込みはサービスマニュアルがあったので分解図を見ながら行いました。
特殊工具は揃っていたので問題なく組み込み完了出来ました。
唯一難所だったのは、クランクケースカバーに付く、ベアリングがうまく装着出来ず苦戦して結構時間がかかり、ウエスをかぶして、何度もハンマーでたたきながら組み込みまました。
組み込みも完了、オイルを110cc入れて、いざインプレッション。
スタート0キロから30キロは、ノーマルに比べると明らかに遅いです。
WRを3.5gを3個4gを3個で調整したらうまい具合に加速するようになりました。
30キロ以上から60キロまでは前と変化無はなく60キロから80キロは結構前と違った感覚の加速があります。
80キロ以上は徐々に上がっていって最高速は100キロほどです。坂道は110キロくらいです。
平たん道路は風が追い風の場合です。
向かい風だと90キロで頭打ちです。
最高速重視でなければハイギャーでも街乗りでは問題無いと思います。
付けた影響か分かりませんが、平均燃費20キロだったのが25キロくらいになりました。
ボアップして回転があまっていたのが余裕が出来て多少燃費がよくなったのかもしれないです。
見た目、全くのノーマルですが、チャンバー装着車でも勝てるかもしれないです。
もし対決出来たら嬉しいですね。その場面に遭遇したらまた報告します。

アプリオ大好き


KITAKO ハイギアキット ¥12,000 JOGアプリオ(4JP3) 95年式?に使用

このパーツの満足度は?=60%
取り付けは簡単でしたか?=じっくりやれば大丈夫

インプレ
装着はクラッチを外し奥のギアカバーを外して組み替えするだけです。
しっかりとパッキンが破れるので、綺麗にスクレッパーで削り取る作業が難儀でした。
それにカバーにしっかりとギアが組み込まれているので取り外しと組み込みが多少苦労するかと思います。
装着後オイルを入れ(100%化学合成4stエンジンオイル5−50W^^;)
漏れがない事を確認し、ちょっとだけ気持ちの分、ならしをしました。(^^;)
ですがオイルと一緒にマイクロフロンとマイクロセラ2という添加剤を加えたので、馴染みはいい感じです。
スズキのカーナに乗っている時もハイギア入れてましたが、あの時は別メーカー製品で作りが悪かったのかオイルが悪かったのか、わかりませんがギヤのうなりがうるさかったのを記憶してますが、キタコ社のはいい感じで、ギアのうなり等もありません。
走り出すと加速は鈍るかと思いましたが、パワーが出ている分でそんなに落ち込みはありませんでした。
最高速は90Km/hで5Km/hしか伸びません。若干、期待はずれ。(ーー;)
ノーマルギアの時、55Km/h位でエンジン回転数が上がりはじめリミットまで伸びるのが、62K/h位でプーリー上限より回転数が上がり始めるようになりました。

街乗り域での加速感を鈍らせたくないが為にハイギアを選択しましたが、これならスーパーハイギアを選択したほうがよかったとちょっと後悔してます。


チューニング箇所
CFポッシュCDI、BR8HS、DAYTONA ターボフィルター、CPハイスピードプーリー、CP120メーター、CPボアアップキット(63cc)、プーリーカラーワッシャー高速側移動、エアクリーナーBOX吸気側パイプ切断加工、メインジェット#85

マッキー makky@cosmos.ne.jp
http://www.cosmos.ne.jp/~makky